Q&A

目次

電子入札について

京都府電子入札システムに必要な手続について

京都府の競争入札に参加するためには、京都府の競争入札参加資格が必要です。
 各市町村の入札に参加するには、その各市町村の競争入札参加資格が必要です。
 競争入札参加資格をお持ちの方は、電子入札用ICカードで利用者登録を行えば
 電子入札を利用できます。
 くわしくは、お問い合わせ下さい。

京都府電子入札システムで、府内の各市町村への入札も可能か

京都府内の各市町村の一部では、京都府電子入札システムを使用して入札を行っています。
使用できる市町村などのご確認は、お問い合わせ下さい。

落札結果はメールで確認できるのか。

 落札結果は、電子入札システムから発行される「落札決定通知書」から確認できます。
 「落札決定通知書」が発行されると同時に、「落札決定通知書到着のお知らせ」メールが、登録されているメールアドレスに送信されます。(このメールには、落札結果は記載されておりません。)

また、お知らせメールが届かない場合は、利用者登録にあるメールアドレスの入力誤り又はメールソフトの設定等が、原因と考えられます。

目次
閉じる